君死にたまふことなかれ 英訳で読み解くその思い

有料会員記事

[PR]

 8月15日は終戦記念日。この国にとって、あまりに多くの記憶が詰まった日だ。

 君死にたまふことなかれ――。戦地へ赴く弟に向けて詠んだ与謝野晶子の詩に込められた祈りを、詩人、翻訳家のピーター・J・マクミランさんは英訳という営みを通じて見つめようとする。戦後76年が経ち、当時を知る人が少なくなる今、戦争を詠んだ詩歌からその悲惨さに思いをはせることの重みが、いや増してくる。

君死にたまふことなかれ。

すめらみことは、戦ひに

おほみづからは出でまさね、

互(かたみ)に人の血を流し、

獣の道に死ねよとは、

死ぬるを人の誉れとは、

おほみこころの深ければ、

もとより如何で思(おぼ)されん。

(与謝野晶子「君死にたまふことなかれ」から)

Beloved Brother, do not lay down your good life!

His noble Majesty does not himself 

go to the batt…

この記事は有料会員記事です。残り1029文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら