猫と私たち 俳句通じて考える関係性

有料会員記事

[PR]

 8月8日は国際動物福祉基金が定めるところの「世界猫の日」だった。詩人、翻訳家のピーター・J・マクミランさんは愛猫家で、京都の山中にある家に、4匹の猫と暮らしている。マクミランさんは2人の俳人の句から、猫が古来私たちの生活に溶け込んできたことを読み解きつつ、人間と猫のよりよい関係についても思いをはせる。

通ひ来て此家の猫となりにけり(『鳳朗句集』 田川鳳朗 季語:春〈猫の恋〉)

While commuting

back and forth…

この記事は有料会員記事です。残り950文字有料会員になると続きをお読みいただけます。