青森山田、昨夏に続くVならず 投手「同じ景色を…」

土肥修一
[PR]

(26日、高校野球青森大会決勝 弘前学院聖愛6-5青森山田)

 「自分が抑えて絶対にチームを優勝させる」

 1点リードで迎えた五回、青森山田の藤森粋七丞(いきなすけ)(3年)は強い気持ちで救援のマウンドに上がった。いきなり1死二、三塁のピンチを招いたが、力強い直球と変化球を低めに集め、連続三振で切り抜けた。

 長打力のある弘前学院聖愛に対し、中学時代からバッテリーを組む捕手の酒井啓大(けいた)(3年)と、制球に気をつけようと話していた。

 しかし、六回、「抑えなくては」との強い思いが、力みにつながる。ここまで全試合に登板してきた疲れも重なり、制球が乱れた。四球を出し、甘くなった球を打たれ、同点に追いつかれた。「『自分が自分が』という悪いクセが出た」

 七回は三者凡退。立ち直ったかにみえた矢先の八回だった。先頭打者に初球を左翼席へはじき返された。一番自信のある直球が、少し甘く入った。

 「まだ1点差。仲間が追いついてくれる」と気持ちを持ち直し、八回、最後の打者を三振に取ると、グラブをたたいて雄たけび。だが、その気迫も結果につながらなかった。

 昨夏の独自大会は2試合に登板し優勝に貢献。「後輩に同じ(優勝の)景色をみせてあげたかった」と悔やみ、「自分のせいで負けた」と責任を背負い込んだ。「最後の大会でチームを勝たせることができなかった。これが今の自分の実力。すべてを見直して、さらに高いレベルで野球を続けたい」。涙はみせず、しっかりと前をみすえて話した。(土肥修一)