開会式を見て思う「平和はほど遠い」 だけど、五輪には意義がある

有料会員記事

聞き手・伊木緑
[PR]

井本直歩子さん(ユニセフ教育専門官)

 国連児童基金ユニセフ)の教育専門官として、五輪のテレビ中継もない国を転々としてきました。インターネットが使える任地では海賊版のサイトを見つけてはストリーミングで観戦することもありましたが、ほとんどは後で結果をまとめて見るだけ。たまたま昨年から休職中で日本にいる今回、家でテレビで観戦しているのが新鮮です。

 23日、開会式をじっくり見ました。入場行進で国名を聞けば、それぞれの国が抱える様々な問題が頭に浮かぶ。たとえば内戦が続くイエメン、国軍がクーデターで権力を握ったミャンマーイスラエルとの間で武力衝突が続くパレスチナ。平和ってほど遠いなと改めて思いました。

 それでもこれだけの国や地域が集まってスポーツをすることには意義があります。難民選手団の活躍が報じられれば、難民を考えるきっかけにしてもらえる。とてもありがたいです。

国際大会で目にした格差

 中学2年で競泳日本代表に選ばれ、1990年、北京で行われたアジア大会に選手団の中で最年少で出場しました。当時の北京はまだ貧しかった。街に並ぶ建物や選手村の設備からそれを感じ取りました。

 その後も国際大会に出れば…

この記事は有料会員記事です。残り1491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。