バイオハザード、ゾンビゲームの限界突破 1億本への道

有料会員記事

橋本拓樹 聞き手・橋本拓樹
[PR]

 カプコン大阪市)の人気ゲームソフト「バイオハザード」が発売25周年を迎えた。シリーズ累計の販売数は1億本を超える。だが当初の開発メンバーは、経験の浅い若手が中心だった。そこから世界的なヒット作品になれた理由とは。(橋本拓樹)

 米国の田舎町で猟奇的な殺人事件が続き、解決のために主人公ら特殊部隊が送り込まれる。そこにいたのは人間を襲うゾンビたち。戦いを続けるなか、やがてゾンビたちを生んだ黒幕が明らかになり――。

 1996年に発売された「バイオハザード」は、そんな映画顔負けのストーリーで始まった。恐怖感の中で物語の謎を解きながら、武器を集めてゾンビなどのモンスターを倒す「ホラーアクション」というジャンルの草分けとなった。

 海外でも人気が高く、5月発売の最新作「バイオハザード ヴィレッジ」は約2カ月間で450万本が売れた。シリーズはもともとソニーのゲーム機「プレイステーション」向けだが、他のゲーム機への移植版や過去作品のリメイクなどを含めると、作品数は150近くにのぼる。

 そんな人気シリーズも、1作目は実験的な位置づけだった。同社として初めて3次元CGのゲームを作ることになり、そのテーマが「ゾンビ」に決まった。

 開発陣は若手が多く集められた。現在シリーズの開発を統括する竹内潤常務(50)は当時、入社4年目。主力のアクションゲーム「ストリートファイター」の開発チームから移った。「メインストリームから外れたな、と思いました」

経験の浅い若手中心に集められた開発メンバー。社内での議論や開発陣の苦悩。世界的人気となったバイオハザードの制作秘話をお伝えします。

 当時はゾンビが登場するゲー…

この記事は有料会員記事です。残り4396文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら