官房長官「首相談話を最終調整」 黒い雨訴訟上告断念で

[PR]

 広島への原爆投下後に「黒い雨」を浴びたと訴えた84人全員を被爆者と認めた広島高裁判決について、菅義偉首相が上告を断念する方針を表明したことを受け、加藤勝信官房長官は27日午前の記者会見で「首相談話を関係省庁で最終調整中だ」と述べた。今後の救済のあり方などに関する首相談話は同日午後にも公表される見通しだ。

 判決では国の援護対象区域から外れていても被爆者と認めていることから、首相は26日、記者団に「(原告以外の)同じような事情の方々について救済すべく検討したい」と話した。ただ、「政府として受け入れがたい部分もあるので、談話という形で整理していきたい」とも語っていた。

 広島県と同様に被爆地である長崎県への対応について、加藤氏は「(被爆者の)具体的な審査認定については、広島県、広島市とともに長崎県、長崎市ともよく相談してきたい」とした。そのうえで、「継続中の訴訟についてはこうした政府の立場にのっとって対応していくことになる」との見解を示した。