都筑有夢路が銅、サーフィンでは日本勢初のメダル獲得

サーフィン

[PR]

 東京オリンピック(五輪)第5日の27日、サーフィン女子の都筑有夢路(あむろ、20)が銅メダルを獲得した。サーフィン東京五輪で採用された新競技で日本勢初のメダリストとなった。

 3位決定戦で米国代表の19歳と相対。強風で荒れるコンディションの中、都筑は的確に波を選んだ。2本合計で計6・80点を記録して勝利した。

 神奈川県出身。2019年にはワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した。今年4月には世界最高峰チャンピオンシップツアーに参戦するなど、着実に実力をつけていた。6月には、中米エルサルバドルで開催された世界選手権「ワールドゲームズ」で9位に入り、代表権を獲得した。