天理、逆転サヨナラ負け 好右腕・達「何か違う雰囲気」

[PR]

(27日、高校野球奈良大会準決勝 高田商7-6天理)

 今春の選抜大会4強の天理が奈良大会準決勝で高田商に逆転サヨナラ負けした。1点を追う九回、主将の内山陽斗(はると)の適時二塁打で2点を奪い逆転した。しかしその裏、守備が崩れた。失策で1死二塁とされると、全国屈指の好右腕、達(たつ)孝太が相手2番に中越えの三塁打を打たれた。中継が乱れる間に打者走者の生還まで許した。達は選抜で負傷し、今夏は徐々に調子を上げてきていた。痛恨の敗戦に、「何か違う雰囲気があった」。=佐藤薬品