埼玉でも過去最多の感染者 1月を超える593人

新型コロナウイルス

[PR]

 埼玉県内で27日、新型コロナウイルスの感染者が593人確認され、これまで最多だった1月16日の582人を上回り、過去最多となった。

 県内では現在、さいたま、川口両市を含む20市町に、「まん延防止等重点措置」を適用。これとは別に、県は、重点措置を適用する可能性があるとして独自に設けた「警戒区域」に8市町を指定し、感染拡大の防止を呼びかけている。

 政府の分科会が示す感染状況の指標をみると、県内では26日時点で、人口10万人あたりの1週間の感染者数と、人口10万人あたりの療養者数、感染経路不明の割合が、緊急事態宣言発出の目安となる「ステージ4」(感染爆発)を超えている。病床全体の使用率もそれに迫っており、重症者用病床の使用率もステージ3を超えた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]