子ども7人が家庭内感染か 江戸川 東京コロナ情報

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都内の新型コロナウイルス関連情報(27日、自治体発表などによる)

 【江戸川区

 区役所本庁舎学務課に勤務する40代の男性職員の感染が判明。内部事務に従事しており、来庁者など外部との接触はないという。また、生活援護第二課の60代の女性職員の感染も判明。窓口業務に従事していたが、勤務中は常にマスクをつけ、毎日検温もしていたという。

 一方、東小松川小学校で児童1人、西葛西中学校で生徒5人、葛西第2中学校で生徒3人、葛西、松江第3、小岩第3の各中学校で生徒各1人の感染を確認した。児童・生徒12人のうち7人は、家庭内感染の疑いがあるという。

 【大田区

 区役所本庁舎1階の戸籍住民課に勤務する職員2人の感染が21日と26日に判明したと発表した。2人とも窓口対応の仕事を担当していたが、マスクをつけ、アクリル板越しに業務をしていたという。区立保育所の職員と、区立小学校の職員、区立中学校の生徒3人の感染も合わせて発表した。

 【北区】

 区内の医療機関で26日、通院患者1人に対し、誤って3度目のワクチン接種をしたと発表した。接種の過程で担当看護師が交代し、予診票の確認などを怠ったため、2度目と3度目の接種を続けてしたという。患者は念のため1日入院したが、健康状態には問題がないという。

 また、区役所本庁舎健康福祉部に勤務する30代の女性職員の感染が判明。濃厚接触者とされた職員は、PCR検査を受ける。

 【江東区

 区内の4保育施設で職員3人と園児1人の感染を確認。そのほか、区立小学校3校で児童、教職員、給食調理員各1人、区職員2人、通所介護事業所の職員1人、障害児通所支援事務所の利用者1人の感染も発表した。

 【台東区

 区立小学校の児童と、学童保育所の「こどもクラブ」の職員、区役所に勤務する委託事業者の職員各1人の感染を確認した。いずれも濃厚接触者はいないという。

 【中野区

 区立の小学校と中学校の児童・生徒各1人、の感染を確認した。いずれも夏休みに入ってからの感染確認で、濃厚接触者はいないという。また、区内の民間学童クラブに勤務する10代の女性職員1人の感染も判明した。濃厚接触者はおらず、通常の運営とする。

 【港区】

 区役所本庁舎に勤務する職員1人の感染を確認した。濃厚接触者はいなかったほか、周辺の来庁者や職員にPCR検査を行ったが、いずれも陰性だったという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]