関西将棋会館の大阪府高槻市への移転で合意 寄付募る

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 現在は大阪市福島区にある関西将棋会館大阪府高槻市へ移転させることについて、日本将棋連盟佐藤康光会長)と高槻市(浜田剛史市長)が27日、合意書を締結した。4月28日に結んだ覚書を踏襲した内容で、2023年度内にJR高槻駅近くの市有地への移転を目指している。

 この日、関西将棋会館であった調印式で、佐藤会長は新会館の意義について「豊島将之竜王や藤井聡太二冠、里見香奈女流四冠ら関西所属の棋士、女流棋士にとっては新たなホームグラウンドとして、高槻市民の皆様の生活に寄与できる場所として、関西および西日本の将棋の聖地として、今回、この事業を最後までうまく進めていきたい」などと話した。

 浜田市長は「4月の覚書締結の後、信頼関係を積み重ね、合意書の締結に至った。これから具体的に作業が加速化していくことになる。高槻市としても関西将棋会館の移転をスムーズに進めたい」と取り組み状況を説明し、「移転先の場所は、高槻駅から徒歩0分の駅前の一等地。棋士や将棋ファンのおこしになりやすい場所で、たくさんの人が訪れる場所にと大いに期待している」と高槻市の活性化への期待も込めた。

 現在の関西将棋会館は198…

この記事は有料会員記事です。残り562文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら