菅首相、五輪中止の選択肢「ない」 人流減を理由に

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、東京都の1日の新規感染者数が過去最多の2848人となったことを受け、菅義偉首相は27日、首相官邸で記者団の取材に応じた。開催中の東京五輪を中止する選択肢は「ない」と明言し、「不要不急(の外出)は避け、五輪・パラリンピックはテレビなどで観戦してほしい」と呼びかけた。

 首相は「感染者数が下げ止まらない中で五輪を続けても大丈夫か」との質問に、「(首都高などにおける)車の制限やテレワークなど、みなさんの(協力の)おかげで人流は減少している。そうした心配はない」と説明した。さらに、重ねて「中止の選択肢はないのか」と問われると、「人流も減っているしそこはない」と述べた。

 ただ、過去の緊急事態宣言時に比べ、都心部の人出の減少幅は小さく、観光地の人出は増加している。首相は、増加が止まらない新規感染者数については、「40代、50代の入院が増えており、デルタ株の割合も急速に増加している。4連休の人流も含めて分析することにした」と説明。「各自治体と連携しながら強い警戒感を持って感染防止に当たっていく」と語った。

 また、北海道がまん延防止等重点措置の適用を求めていることには、「まず酒類の提供(自粛)を、やるべきことをしっかりやってほしい」と述べ、まずは北海道が対策強化に取り組む必要性を指摘した。

 首相は6月9日の党首討論で、五輪による感染拡大リスクについて「国民の生命と安全を守るのが私の責任だ。守れなくなったら(五輪を)やらないのは当然だと思う。それは前提だ」などと話していた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]