世界経済、成長率は前年比6.0% IMFが見通し公表

有料会員記事

ワシントン=青山直篤
[PR]

 国際通貨基金(IMF)は27日、最新の世界経済見通しを公表し、2021年の世界の成長率を前年比6・0%とした。先進国で見通しが改善した一方、発展途上国は悪化し、全体としては前回4月の予想を維持した。ただ、日本は緊急事態宣言による行動抑制などの悪影響を踏まえ、前回より0・5ポイント減の2・8%と先進国で最も大きな下方修正となった。

 戦後最悪の世界不況に陥った昨年から、今年は世界全体としては回復に転じ、22年も前回予想を0・5ポイント上回る4・9%の成長を続ける見通し。ワクチン接種が進み、強力な経済対策も重ねる米国の回復が先導する。米国の21年、22年の成長率は前回予想をそれぞれ0・6ポイント、1・4ポイント上方修正して、7・0%、4・9%と力強い回復を見込む。

 日本は20年の打撃は前年比4・7%減と先進国では平均的な水準だったが、21、22年の成長率予想はそれぞれ2・8%、3・0%で、先進国で最も低い。ワクチン接種で出遅れ、21年前半に経済の再開が十分進まなかったのが響いた。

 今回の見通しでは、4割がワ…

この記事は有料会員記事です。残り294文字有料会員になると続きをお読みいただけます。