栃木県のコロナ警戒度、8月上旬に「ステージ4」と予測

有料会員記事新型コロナウイルス

津布楽洋一、平賀拓史
[PR]

 栃木県宇都宮市は27日、新たに108人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの発表数が100人を超えるのは、国の緊急事態宣言の対象県に加えられた1月13日(141人)以来。県は現在の増加率が続いた場合、8月上旬には警戒度が緊急事態措置レベルの「ステージ4」に悪化すると予測し、注意を呼びかけた。

 予測は、福田富一知事が定例記者会見で説明した。それによると、人口10万人あたりの新規感染者数は7月下旬になって急増。1週間平均を前週と比べると、直近の20~26日では1・6倍増となった。

 このペースが続くと、警戒度は近日中に、まん延防止等重点措置レベルのステージ3になり、8月上旬にはステージ4へ。感染力が強いとされるデルタ株の広がりによっては、より急増する恐れもある。

 1日あたりの新規感染者数でも、増加率1・6倍だと、8月中旬には180人超に。昨年度の年末年始の第3波を上回り、過去最悪になりかねないという。

 福田知事は、ステージ3に引…

この記事は有料会員記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]