「コロナは災害そのもの」 クラスターの施設救ったのは

有料会員記事

高橋俊成
[PR]

 新潟市西区にあるJR新潟大学前駅近くの住宅街。幹線道路から路地に入ると、ほどなくクリーム色の建物が見えてくる。1998年にできた介護老人保健施設「ケアポートすなやま」は、診療所や通所リハビリ施設を併設し、地域の高齢者を受け入れてきた。

 昨年11月15日は、日曜日だった。

急増した発熱入所者、悔やむ初動

 「熱のある方がすごくいっぱいいる」。出勤した看護師長の朝妻信子さんは、同僚の報告を聞き、その人数に驚いた。10日が1人、13日が5人。それが15人に跳ね上がった。朝妻さんは、新型コロナウイルスの感染を疑った。

 入所者の平均年齢は80代後半。「月に15人くらいは尿路感染などの理由で発熱する。珍しいことではない」と医師でもある松田由紀夫理事長はいう。入所者をみとることもある。ただ、1日でひと月分の発熱者が出る事態は、通常ではないことだった。

半年前、新潟市内の介護施設で新型コロナウイルスクラスターが生じました。入所者の7割が感染する事態はなぜ起きたのか。現場の混乱やその後の対応を施設職員や医師らの証言からたどります。

 だが、この時、新型コロナ感…

この記事は有料会員記事です。残り3712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。