江田五月さんが死去、80歳 参院議長や法相を歴任

 参院議長、法相や旧民主党最高顧問などを務めた江田五月(えだ・さつき)さんが28日午前8時36分、岡山市内の病院で死去した。80歳だった。自宅は岡山市中区山崎243の7。

 東京、千葉、横浜の各地裁で判事補を務めた後、父で元社会党委員長代行・江田三郎氏の急逝を受け、1977年の参院選旧全国区で社会市民連合から初当選。翌年に故・田英夫氏や菅直人元首相らと社会民主連合を結成、副代表に就くと、83年には衆院旧岡山1区から衆院初当選を果たした。92年に社会党若手議員らと「自民党に対抗する勢力をつくるための政策集団」として「シリウス」を結成。96年に岡山県知事選に出馬(落選)するまで衆院議員を務めた。98年に参院岡山選挙区で再選し、16年7月に引退するまで連続3回当選した。

 07年参院選民主党が大勝。衆参両院で与野党の多数派が異なる「ねじれ国会」となり、参院第一党の野党民主党から議長に就任した。11年菅直人政権では議長経験者としては異例となる入閣を果たし法相、環境相を歴任。法相在任7カ月の間、死刑執行に署名しなかった。党内ではリベラル派の重鎮として、党憲法調査会長を務めた。