第2回「人いない地」に降る核物質 先住民が見た奇妙な出来事

有料会員記事核といのちを考える

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 砂嵐が起き、外に干していたおむつが焼け焦げた。

 豪州南部の居留地クーニバ。先住民(アボリジナルピープル)たちが奇妙な出来事を体験したのは、1953年10月のことだった。

 スー・コールマン=ヘーゼルダインさん(70)は当時2歳。記憶はないが、物心ついたとき、似た出来事がその後もあったと、大人たちが話していたことを覚えている。それが、英国による核実験が原因らしいとわかったのはずっと後だ。

写真・図版
核被害 愛する人が倒れた グローバル・ヒバクシャの真実

突然、立ちこめた黒い霧 直後から異変

 豪州では52~57年、英国が12回の核実験をした。冷戦後の核兵器開発競争のなかで、豪政府は実験場を探していた旧宗主国の求めに応じた。自国に対する安全保障上の保護や、埋蔵ウランの輸出などの期待があったとされる。

 そのうち9回は、豪南部の砂漠地帯のエミューフィールドとマラリンガで行われた。「人のいない遠隔地」という理由で選ばれたが、合わせて約3700平方キロ、奈良県ほどの大きさの一帯では数万年前から先住民たちが移動して狩猟や採集をしながら暮らし、独自の文化を育んできた。伝統信仰の場もあった。

 一方、コールマンさんが生まれたクーニバは英国人らが入植する過程で、先住民を強制的に住まわせた居留地の一つだった。実験場から260~360キロも離れていたが、放射性降下物が及んだとみられている。

先住民たちの暮らす豪南部で行われた核実験。そこには、理由も告げられぬままトラックに乗せられた人や、白人の所有する牧草地で働かされていた人もいました。そこで先住民が見たもの、次々と襲った異変とは。

 そこには、当局が実験場に近…

この記事は有料会員記事です。残り1252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]

連載核被害 愛する人が倒れた グローバル・ヒバクシャの真実(全5回)

この連載の一覧を見る