SL車両、8年ぶりに全般検査 釧網線で積雪の湿原へ

佐藤亜季
[PR]

 JR北海道観光列車として冬季に運行しているSL車両「C11 171号」の全般検査が8年ぶりに実施され、このほど札幌市JR北海道苗穂工場で報道陣に公開された。検査は来年1月まで。終了後、釧網線(釧路―標茶間)で積雪の湿原を走る予定。

 検査は7月5日に開始された。公開された日は、本体と車輪を分離する大がかりな検査が行われた。約30トンもの本体が数十分かけてクレーンでつり上げられ、車両と分離。その後も10人ほどの作業員が、内部の部品を分解する作業などにあたった。

 このSLは1940年製造で、道内各地で運行後、75年に引退。2000年から釧網線観光列車として走っている。乗車人員は約200人。JR北は老朽化している客車の内装リニューアルも進めている。(佐藤亜季)