マイナス25度サウナ、美容器使い放題…苦悩する旅行業

有料会員記事

根本晃、今泉奏
[PR]

 コロナ禍で2度目となる夏の旅行シーズンがやってきた。感染拡大は続いているが、苦しい旅行業界は、再起をかけて動き出している。

 名古屋駅南側の「名古屋プリンスホテル スカイタワー」。MTG(名古屋市)の美容器具ブランドReFa(リファ)とコラボしたプラン「オトナ女子のためのReFaルーム」が好調だ。ReFaの美容ローラーやヘアドライヤー、特殊なシャワーヘッドを自由に使える。

 プランは1室2人利用で1人あたり1泊約8千円から。6月以降、20~30代の若い女性を中心に約500人(先の予約分も含む)が利用。好評を受けて当初9月までとしていた期間を、今年度末まで延長した。広報担当者は「近場で非日常な体験をして頂ければ」。

 名古屋のビジネス街・伏見の名古屋観光ホテルは8月12、13日、「ちょっとリッチにホテルキャンプ」と称したイベントを宴会場で開く。約20のテントを設置し、バーベキューのコース料理を楽しめる。別の部屋で投影機によるプラネタリウムも鑑賞できる。

 大人1人税込み8500円…

この記事は有料会員記事です。残り615文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら