「あの国の選手とは戦えない」柔道代表が棄権 「五輪と政治」の現実

有料会員記事柔道

波戸健一、野村周平、ヨハネスブルク=遠藤雄司
[PR]

 ある特定の国の選手が対戦相手になりそうだから棄権する。こんな事態が東京オリンピック(五輪)でも起きている。政治の事情がスポーツの世界に持ち込まれる現実がある。

スポーツ大臣が棄権迫る?

 「イランの選手として、獲得できたはずの銀メダルだ。でも、残念ながらそれはできなかった。モンゴルにメダルを捧げます」

 サイード・モラエイ(29)は27日の柔道男子81キロ級決勝で永瀬貴規に敗れたものの、勝ち取った銀メダルを大事そうに両手で包んだ。

 問題は2年前、東京五輪の会場、日本武道館で起きた。世界王者として迎えた2019年の世界選手権。母国イラン政府から出場辞退を迫られた。

 理由は、勝ち進めば、敵対関係にあるイスラエル選手と対戦する可能性があったことだ。そして、「出場したい」と訴えたモラエイに強い圧力がかかった。「家族の自宅に治安部隊がいるぞ」「これは法律だから従わないと問題だ」。スポーツ大臣も電話で棄権を迫ったとされる。

イスラエルの選手と対戦することを巡り、東京五輪の出場を直前に辞退する選手もいました。記事後半ではその背景を読み解きます。

 モラエイは国際柔道連盟(I…

この記事は有料会員記事です。残り1783文字有料会員になると続きをお読みいただけます。