大橋悠依、2冠の理由 格段に技術が向上した「バケットターン」

有料会員記事競泳

シドニー五輪代表
[PR]

競泳 萩原智子の目

 スピード勝負の200メートル個人メドレーでは、泳法と泳法のつなぎ目となる「ターン」が大事です。もたつくと次の泳法に影響し、一気にタイムが落ちる。中でも、背泳ぎから平泳ぎにつなぐ「バケットターン」が最も難しく、鍵を握っています。上を向く背泳ぎは前を見られないため、タッチを合わせにくい。タッチ後のターンでは小さく素早く回り、水の抵抗を少なくする必要があります。

 金メダルを獲得した大橋悠依

この記事は有料会員記事です。残り317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。