新幹線「かもめ」は大人の装い 水戸岡氏が車両デザイン

松本真弥
[PR]

 JR九州は28日、2022年秋に部分開業する九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)を走る車両のデザインを公開した。外装には、青柳俊彦社長が揮毫(きごう)した列車名「かもめ」の文字をひらがなで入れ、企業カラーの赤を帯状にひいた。デザインは豪華寝台列車「ななつ星」と同じ、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が手がけた。

 車体のベースは、JR東海が導入しているN700Sを採用。シンボルマークは、三つの輪に飛行するカモメの姿を重ねた。指定席は通路を挟んで2列ずつで、1~3号車のシートはそれぞれ菊大柄や獅子柄、唐草と異なるデザインにした。

 水戸岡氏はこれまで特急「ソニック」や観光列車などをデザインしてきた。「JR九州の車両はとがったものだったが、『かもめ』は大人で優しいホテルのようなデザイン」と解説した。

 部分開業するのは武雄温泉―長崎。未着工の新鳥栖―武雄温泉は、整備方式を巡り国と佐賀県との協議が難航。部分開業後は、武雄温泉で乗り換えるリレー方式での運行になる。(松本真弥)