秋田の野球を振り返る 県立博物館で企画展

松村北斗、高橋杏璃
[PR]

 秋田市金足鳰崎の県立博物館で開催されている、企画展「秋田野球ものがたり」(朝日新聞秋田総局協賛)は、1世紀以上にわたる秋田の野球の歴史を、当時をしのばせる多くの資料で紹介している。

 展示は秋田での野球の歴史と、野球の魅力を伝えたい、と企画。担当した学芸主事の深浦真人さんらが約1年前から、県内の高校や企業、団体で所蔵されている資料のリサーチや、貸し出しの交渉を進めてきた。

 秋田の野球熱を高めるきっかけとなったのは1915(大正4)年、全国高校野球選手権大会の第1回にあたる「第1回全国中等学校優勝野球大会」で、秋田中学(現秋田高校)が準優勝したことだ。当時の様子を伝える大阪朝日新聞の紙面や、秋田中学の活躍を振り返る写真、関連資料を展示している。

 また展示の目玉の一つは、2018年の第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農に贈られた盾。試合中の名シーンの写真や記念ボールなど数々の品とともに活躍を紹介している。

 秋田商や秋田中央が選手権秋田大会で優勝した際の盾もある。いずれも高校で保管され、普段は一般の目に触れることがない。

 歴代の選抜大会や選手権大会出場校のユニホーム、出場校に贈られる選抜旗や、県高校野球連盟で保管している秋田大会の先代の優勝旗も展示されている。

 都市対抗野球でのTDKの活躍を紹介したり、秋田出身のプロ野球選手を特集したりしたコーナーもある。1970年代に3年連続で最優秀選手に輝いた能代市出身の投手山田久志さんのユニホームやグラブ、旧若美町(現男鹿市)出身で通算3回三冠王となった落合博満さんのバットを間近で見られる。訪れた人が熱心に見入っていた。

 個人所蔵の野球雑誌や漫画、ゲームなどを紹介したコーナーもある。深浦さんは「資料を通じて、秋田の野球の歩み、そして、人々の野球への思いを感じてもらえれば」と話している。

 無料、月曜(休日と重なった場合は翌平日)休館で8月22日まで。開館時間は午前9時半~午後4時半。7月31日と8月1、14、15日の午後2時からは、深浦さんによる展示解説がある。各回定員10人。(松村北斗、高橋杏璃)