大橋悠依を2冠に導いた平井監督 「もっと速くなって僕を困らせて」

有料会員記事競泳

照屋健
[PR]

 涙が止まらなかった1度目とは違い、2度目の表彰台は笑顔だった。競泳女子200メートル個人メドレーを制し、400メートルとの2冠を達成した大橋悠依は「本当に自分がとったのかな、という感じです」。

 滋賀県のスイミングスクールで泳いでいた高校時代までは無名だった。そんな彼女を東洋大平井伯昌監督が勧誘した。北島康介ら数多くの五輪メダリストを育てた名指導者だ。平井監督はこう、口説いた。「大学4年間で伸びきれるかわからない。時間をかけて育てようと思っています」

 当時の身長は170センチ近くで、体重は50キロに届くかどうか。卵アレルギーなども抱え、丈夫な体とは言えなかった。

 大学入学直後、他の部員が午前と午後の1日2回、水中練習をしていたのに、大橋が課されたのは1日1回のみ。体への負荷を考え、泳ぎ込みの量を抑える配慮だった。

 大学2年の日本選手権の20…

この記事は有料会員記事です。残り446文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら