H2O、関西のスーパー「万代」と提携 商品開発など

有料会員記事

宮川純一
[PR]

 阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは28日、関西エリアで食品スーパーを展開する万代(大阪府東大阪市)と包括業務提携を結ぶと発表した。H2Oは傘下にイズミヤや阪急オアシスなどをもち、関西でのスーパー事業の強化をはかる。

 具体的には、商品の調達やプライベートブランド(PB)商品の開発、物流、データを活用したマーケティングなどを共同で進めることを検討する。

 万代は、大阪を中心に兵庫、奈良、京都、三重で計156店舗を持ち、2021年2月期の売上高は3794億円。H2Oは、関西エリアで178店の食品スーパーを展開している。

 H2Oの荒木直也社長は会見…

この記事は有料会員記事です。残り204文字有料会員になると続きをお読みいただけます。