「アスリートに失礼じゃないか」 報道陣に金メダリストが怒ったわけ

有料会員記事競泳

木村健一
[PR]

 「アスリートに対して、失礼じゃないか」

 オリンピック(五輪)男子200メートルバタフライで金メダルを獲得した21歳のクリシュトフ・ミラク(ハンガリー)が怒った。

 「2位を狙っていたのでは」。レース後の会見で、銀メダルの本多灯と銅メダルのブルディソ・フェデリコ(イタリア)にそんな質問が出た後のことだった。

 本多は「1位は無理、と。2位は絶対取りたかった」。フェデリコも「金メダルを取るのは不可能。メダルに価値がある」と答えた。

 21歳のミラクは声を荒らげ…

この記事は有料会員記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら