復興五輪、どこいった? 福島産の表示めぐり国会で指摘

有料会員記事

北見英城、吉川真布
[PR]

 「復興五輪」という理念はどこにいったのか――。東日本大震災からの復興をアピールするはずが、逆に風評被害が広がる場になりかねないという懸念の声が28日、国会などで上がった。野党側が取り上げたのは、選手村の食事に使われる食材の産地表示や表彰式で贈呈されるブーケ。安全性をきちんと訴えてほしいとの指摘だった。

 衆院内閣委員会の閉会中審査で、立憲民主党玄葉光一郎氏(福島3区)が「『復興五輪』はどこへいったという意見が根強い。(福島)県民はがっかりしている」と語った。

 選手村で提供される福島県産食材について、産地が十分に表示されず、安全性の説明もないと問題視。「選手は発信力がある。福島県産品は徹底したモニタリング検査をやって100%安全なものしか出回っていない、とパネルで説明するぐらいのことをやってほしい」と迫った。

 丹羽秀樹内閣府副大臣はメインダイニングでは、産地を入れ替えながら提供しているため、「事後的にホームページ上で産地を掲載するようになっている」と説明。小規模のカジュアルダイニングでは被災地産の野菜をふんだんに使ったサラダやお好み焼きなどを提供していると紹介した。今後については「今からでも間に合うようであれば、しっかり対応できる範囲でする」と答えた。

背景に韓国の輸入禁止措置

 こうした危機感の背景には…

この記事は有料会員記事です。残り490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。