「信頼できる友人」 タリバーン幹部が訪中、王氏と会談

北京=冨名腰隆
[PR]

 中国外務省は28日、アフガニスタンの反政府勢力タリバーンの代表団が同日、天津を訪れ、王毅(ワンイー)国務委員兼外相と会談したと発表した。王氏は、米軍や北大西洋条約機構(NATO)軍の撤退について「対アフガン政策の失敗を示すものだ」とし、アフガン人自身による平和プロセスへの支援を表明した。

 タリバーン側は対外交渉責任者のバラダル幹部らが出席。王氏は会談で、「アフガニスタンの内政に干渉せず、友好政策を実行していく」と説明。タリバーンとの関係が指摘されるウイグル族独立派組織「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」については、「中国の国家安全に脅威となっている。ETIMをたたくのは国際社会の共同責任だ」と述べ、タリバーン側に協力を求めた。

 バラダル幹部は「中国はアフガン人民が信頼できる友人だ」とし、国家再建や経済発展への貢献に期待を示したという。(北京=冨名腰隆