日産3年ぶり黒字見通しへ 固定費削減や販売単価上昇で

有料会員記事

神沢和敬
[PR]

 日産自動車は28日、2022年3月期の純損益予想をこれまでの600億円の赤字から、600億円の黒字に上方修正した。黒字に転換すれば3年ぶり。米国市場などでの売れ行きが堅調なうえ、固定費の削減や1台あたりの販売単価上昇で採算が大きく改善した。

 営業利益の予想は5月時点のゼロから1500億円に、売上高の予想は9兆1千億円から9兆7500億円に、それぞれ修正した。世界販売台数の見通しは440万台で据え置いた。

 前回見通しと比べた営業利益の改善要因をみると、1台あたりの価格上昇などで1050億円、円安の進展で800億円の利益押し上げにつながった。一方で、原材料価格の高騰が営業利益を当初想定より350億円押し下げるとみる。半導体不足による減産規模は年25万台で、前回見通しから変わらなかった。

 日産は販売を伸ばそうと値引…

この記事は有料会員記事です。残り338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。