トランプ氏の責任指摘 議会襲撃事件、警備の警官が証言

有料会員記事

ワシントン=大島隆
[PR]

 トランプ米大統領(当時)支持者による議会襲撃事件をめぐって、米下院は27日、新たに設置した調査委員会の最初の公聴会を開いた。警備にあたった警察官がトランプ氏の責任を指摘した。一方、委員の人選をめぐっては民主党共和党が対立し、共和党執行部が協力を拒否したままの始動となった。

 この日の公聴会では、議会の警備にあたった複数の警察官が証言。警察官の一人は「彼らは『トランプ氏が我々を送った』と言っていた。トランプ氏は、彼らを止めることができたはずだ」と述べた。また、別の警察官は暴行され脳振盪(しんとう)を起こしたことなど、群衆から受けた暴力について時折声を詰まらせながら語った。

 調査委員会は人選をめぐって…

この記事は有料会員記事です。残り504文字有料会員になると続きをお読みいただけます。