「百済」めぐり非難合戦 韓国大統領選の与党候補選び

有料会員記事

ソウル=神谷毅
[PR]

 来年3月の韓国大統領選で与党「共に民主党」の候補を選ぶなかで、候補者同士の非難合戦が過熱している。目下の対立点は千年以上も前に存在した古代国家「百済(くだら)」。28日には候補者6人が「一つのチームになろう」と誓う協定に署名したが、収まる気配はない。

 最も鋭く対立しているのは、支持率が23・8%と党内トップ(19日発表の世論調査機関リアルメーター調査)の李在明(イジェミョン)京畿道知事(56)と、20・1%で2位の李洛淵(イナギョン)元首相(68)。李在明氏が23日付の韓国紙のインタビューで、朝鮮半島では百済地域から出た人物が半島全体を統合したことがないとの趣旨の発言をした。李洛淵陣営が「地域対立をあおる」と反発した。

 百済は4世紀から660年まで朝鮮半島の西部から南西部にあった国家。当時は北部から中国東北部高句麗が、南東部に新羅があった。百済は現在の全羅道にほぼ重なり、進歩(革新)の地盤。百済の隣にあった新羅は慶尚道と重なり、保守が強い。こうした地域の対立が現代の政治にも影を落とす。

 全羅道の人口は少なく、歴代…

この記事は有料会員記事です。残り338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。