米イージス艦が台湾海峡通過 中国は「挑発行為」と批判

ワシントン=園田耕司、北京=冨名腰隆
[PR]

 米海軍第7艦隊(横須賀)は28日、イージス駆逐艦「ベンフォールド」が同日に台湾海峡を通過したと発表した。第7艦隊の報道担当者は声明で「(台湾海峡の)通過は、『自由で開かれたインド太平洋』に対する米国の関与を示すものだ」と指摘。「米軍は国際法の許す場所であればどこでも、飛行・航行し、作戦を展開し続ける」と強調した。

 一方、中国軍東部戦区の報道官は29日に談話を発表し、「米国が頻繁に挑発行為を行うことは、台湾海峡の平和と安定における最大の破壊者であることを十分に物語っている」と批判。「あらゆる脅威や挑発に対応し、国家主権と領土保全を守る決意と自信と能力がある」とした。(ワシントン=園田耕司、北京=冨名腰隆