北海道、「まん延防止」国に3度目の要請へ 感染拡大で

有料会員記事新型コロナウイルス

中野龍三
[PR]

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、北海道の鈴木直道知事は29日、「『第5波』は過去最大の感染の波になる恐れがある。国は北海道への『まん延防止等重点措置』の適用を速やかに決定してほしい」と述べ、20、26日に続いて改めて国に重点措置の適用を要請する考えを明らかにした。29日午後にも道対策本部会議を開き、再々要請を決定する。

 前日28日は、全国で過去最多の9583人の感染者が確認され、道内でも227人の感染が確認された。道内で200人を超えるのは6月5日以来、53日ぶり。

 こうした感染状況を受け、鈴木知事は29日午前、報道陣の取材に応じ、「本日も200人を超えるという可能性があり、今後さらに感染が拡大をしていくという恐れが強い」と警戒。20、26日に要請したものの政府が慎重姿勢を示していた道への重点措置適用について、「これまでの経験を踏まえると、先手で対策を講じていくことが重要ではないか」と述べた。

 28日時点の直近1週間の人…

この記事は有料会員記事です。残り1096文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]