大坂選手に差別的投稿 徳間書店が編集者との契約を解除

有料会員記事

川村貴大
[PR]

 東京オリンピックのテニス女子シングルス3回戦で敗退した大坂なおみ選手について、ツイッターで差別的な投稿をしたなどとして、徳間書店は28日、業務委託していた編集者との契約を解除し、ホームページ(HP)に謝罪の文書を掲載した。

 同社広報担当者によると、編集者は同社が運営するWebメディア「&GP」で取材や記事の執筆を委託されていた。27日、編集者が私的なアカウントで投稿した差別的な内容について読者からメールで同社に問い合わせがあり、本人に確認したところ自身の投稿だと認めたという。

 インターネット上では、同じアカウントが過去にも差別的な投稿を繰り返していたとして、批判の声が上がっていた。同社はそうした一連の差別的投稿を問題視して、28日付で契約を解除したほか、編集者が担当した「&GP」の記事を非公開とし、問題のある内容が含まれていないか調べている。

 同社はHPに掲載した文書で…

この記事は有料会員記事です。残り251文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら