近江が3大会連続で甲子園へ 好敵手いたから成長できた

高岡佐也子
[PR]

(29日、高校野球滋賀大会決勝 近江6-0立命館守山)

 四回1死一、二塁。近江の5番新野翔大が、しなやかな振りでたたいた球は、両チームを通じて初安打となった。二塁走者がかえる右翼フェンス直撃の適時二塁打となり、敵失に乗じて一塁走者も一気に生還。主導権をもたらす殊勲の一打となった。

 立命館守山には春の滋賀県大会3回戦で、1点差で敗れた。4番を任された新野は、好機で三振を喫するなど無安打に終わった。

 責任を感じ、それから毎日、真っ暗になるまで素振りをした。スイングに無駄な力みが入る癖を直すため、試合では次打者席でひざを折って仰向けになる姿勢をとり、股関節をほぐすなど工夫した。

 泣きはらした顔で口にしたのは、好敵手への感謝の思い。「リベンジをしたい相手がいたから、成長できた」高岡佐也子