沖縄県で392人感染 過去最多で3日連続300人超え

新型コロナウイルス

[PR]

 沖縄県は29日、新たに392人が新型コロナウイルスに感染し、関連して男女2人が亡くなったと発表した。1日あたりの新規感染者数としては過去最多で、3日連続で300人を超えた。

 県内の感染確認者は延べ2万3947人、関連する死者は235人となった。県のまとめによると、病床占有率は71・0%。直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者は94・46人で、東京についで全国2位だった。

 29日に県庁で記者会見を開いた玉城デニー知事は「連日300名を超える数に非常に大きな衝撃を持って受け止めている」と強い危機感を示した。この日の対策本部会議では、大型商業施設に対して土日祝日の休業を要請することを決めた。玉城氏は「感染を予防し、拡大を防止するための最も確実な方法は外出をしないこと」と述べ、外出自粛を強く呼びかけた。

 在沖米軍からは、空軍嘉手納基地(嘉手納町など)などで計8人の感染が確認されたと県に報告があった。県のまとめでは、在沖米軍関連の感染者は計1628人。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]