アラスカでM8.2の地震 日本に被害の心配なし

[PR]

 29日午後3時16分ごろ、北太平洋にあるアメリカ・アラスカ半島のアリューシャン列島でマグニチュード8・2の地震があった。気象庁は「日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれないが、被害の心配はない」と発表した。

 米地質調査所(USGS)によると、地震があったのは米アラスカ州ペリビルの東南東約91キロの海底。ハワイや米領グアムなど幅広い地域に一時、津波警報が出されたが、その後順次解除された。