コロナ禍、住まいも仕事も失った男性 救われたひと言は

有料会員記事新型コロナウイルス

井上充昌
[PR]

 長引くコロナ禍で、ある男性が仕事を失うと同時に住まいを追われた。13年前のリーマン・ショックで多く見られたような光景だ。男性はなんとか別の住まいを確保できたが、コロナ禍で「住まいの支援」の必要性が改めて浮き彫りになっている。

 今年1月、ある日の夕方。東京都内のコンビニの駐車場に止めた車内で、40代の男性が支援者と向き合った。この日が初対面の相手に、男性は声を振り絞った。

 「もう、どうなってもいい。死んでもいい」

 真冬の寒さの中で、男性は住まいを追い出されそうになっていて、行く当てがなかった。

 今まで、こんなに投げやりな…

この記事は有料会員記事です。残り2715文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]