21年産の主食用米、生産量初の700万トン割れへ

長崎潤一郎
[PR]

 農林水産省は29日、2021年産の主食用米の作付面積が、前年より6・2万~6・5万ヘクタール減るとの集計結果(6月末時点)を公表した。

 減少幅は前年の作付面積の約5%にあたり、平年並みの作況なら21年産の生産量は694万~696万トンとなる。主食用米としては、比較可能な08年以降で初めて700万トンを下回る見通しだ。

 人口減や食生活の変化による構造的な消費減に加え、コロナ禍で外食需要も落ち込んでいる。農水省によると飼料用米などへの転作を支援することで、コメ余りに伴う米価の急落は回避できるという。(長崎潤一郎)