「爆発的拡大」日本医師会など緊急声明 政府に対応要請

[PR]

 各地で感染が急拡大していることを受けて日本医師会日本看護協会など九つの医療団体が29日に記者会見し、「新型コロナウイルス感染症の爆発的拡大への緊急声明」を発表した。「病床逼迫(ひっぱく)が現実に発生しつつある」としたうえで、緊急事態宣言の全国への拡大を検討することなどを政府に求めた。

 緊急声明では感染の増え方について「専門家が事前に示した感染予測をも上回りかねない状況」と指摘。入院が必要な人や入院のための待機者や自宅療養者も急激に増えており、重症者向けの病床使用率がまだ最高水準でなくても中等症患者が増加していることから医療の逼迫が迫っているとした。

 政府に対する要請としては、①首都圏をはじめ感染者が急増している地域に早急に緊急事態宣言を出すとともに、宣言の対象を全国とすることについて検討に入ること②感染収束のめどがつくまで、徹底的・集中的にテレワークや直行直帰を推奨すること③40~64歳や疾患のある人へのワクチン接種をできるだけ早く完了すること――の3点を求めた。

 日本医師会の中川俊男会長は「宣言やまん延防止等重点措置のない地域があることが、人流を引き起こす一つの要因だ」として、宣言を全国に対象を広げることの重要性を指摘した。

 感染拡大が深刻な東京都では…

この記事は有料会員記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]