益川敏英さん死去、81歳 2008年ノーベル物理学賞

[PR]

 2008年にノーベル物理学賞を受賞した京都大名誉教授の益川敏英(ますかわ・としひで)さんが、23日、死去した。81歳だった。名古屋市出身。京都大理学部の助手だった1973年、京都大助手で後輩でもあった小林誠さん(高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授)と2人で、すべての物質を形づくる元となる素粒子クォークに関する「小林・益川理論」を発表した。この業績でノーベル物理学賞を受賞した。

 95年に朝日賞、2001年に文化功労者、08年に文化勲章

 戦時中の空襲の体験から反戦を訴え、護憲をアピールする「九条科学者の会」の呼びかけ人を務めたほか、科学研究の成果が軍事に利用される近年の傾向に警鐘を鳴らした。