常圧CO2からプラ合成、世界初 大阪市大などが成功

有料会員記事

矢田文
[PR]

 大阪市立大学東北大学などの研究チームが、圧力をかけない常圧の二酸化炭素(CO2)からプラスチックの合成に世界で初めて成功したと発表した。地球温暖化につながるCO2を、必要な化学品に変換していくことで削減できるかもしれない。

 チームが合成したのは、プラスチックの一種ウレタンの原料ポリカーボネートジオール(PCD)だ。PCDを使ったウレタンは耐久性、耐水性に優れ、スーツケース、スポンジなどに利用される。

 PCDは現在の製造工程では、一酸化炭素とホスゲンという気体を材料にして合成される。ホスゲンは毒ガスに使われるほど有毒で、無毒な材料を使った新たな技術の開発が求められていた。

 市立大の田村正純准教授が材料として注目したのが、世界で削減が求められているCO2だ。チームはこれまでの研究で、酸化セリウムを触媒に使うことで、CO2とジオール(アルコールの一種)からPCDを合成することに成功していた。

 ただ、副産物として水が発生するため、脱水剤が必要で、脱水剤はゴミになるといった課題もあった。CO2を高圧にする必要もあった。

 そこで、脱水剤を使わずに水を除くために、200度を超える高温下で反応させ、水だけを蒸発させた。脱水剤を使わないため、従来の方法より得られるPCDの純度も高い。CO2も常圧のまま利用することができたという。

 田村准教授は「高圧二酸化炭…

この記事は有料会員記事です。残り194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    露木志奈
    (環境活動家)
    2021年8月11日11時59分 投稿
    【視点】

    環境問題や地球温暖化を解決するためには、大量消費、大量生産、大量廃棄を改善していくことが大切な一方、今ある生活を維持できるような技術の発展も必要だと思う。二酸化酸素を含め、すでに存在しているものをどのように持続可能に循環させ、可能性を広げて