五輪マラソン観戦自粛呼びかけ 人出抑制の見通し立たず

有料会員記事陸上

芳垣文子、榧場勇太、岡田昇
[PR]

 全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、東京五輪のマラソンと競歩が8月5~8日、札幌市で行われる。大会組織委員会は沿道での「観戦自粛」を呼びかけるが、人出がどれだけ抑えられるか、見通しは立っていない。

 マラソンは変則3周コースで、使われる公道は約20キロに及ぶ。組織委は、沿道での人の密集を防ぐため、大通公園の発着点付近▽大通西5~10丁目の大通公園内▽創成川公園内▽道庁敷地内▽北3条広場(アカプラ)を立ち入り禁止エリアにする。

 さらに、大通公園以北の札幌駅前通を重点対策エリアとする。柵とコーンで歩道を狭めて立ち止まりにくくしたうえで、観戦自粛を呼びかけるボランティアスタッフを多めに配置する。5月のテスト大会では沿道の一部で観客が連なった。このため、呼びかけスタッフの数をテスト大会の約700人から約2千人に増やした。組織委は「すでに確保している」と説明する。呼びかけスタッフが持つ「観戦自粛」のパネルや立て看板も、テスト大会より大幅に増やすという。

 本大会が始まり、東京・お台…

この記事は有料会員記事です。残り1281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら