「正直申し上げますと…」林遣都、会話に映る人柄と変化

有料会員記事

文・石飛徳樹 写真・伊ケ崎忍
[PR]

 映画「犬部!」で信念を貫く獣医を演じている林遣都さん。コロナ禍の出口が見えない今、俳優としてある変化があったといいます。

「言葉が自分に届くようになった」

 個人的な好みを言えば、信念を持った正義漢が苦手だ。「犬部!」の主人公、花井颯太がまさにそんな人物だった。私がそう告白すると、笑って「僕自身はあんなに強い人間じゃないですよ」と合わせてくれた。

 颯太は獣医学部の学生。殺処分にされる犬たちを救おうと、持ち前の実行力を発揮する。同級生の柴崎らを巻き込み、動物保護活動をするサークル「犬部」を設立する。

 16年後。獣医師になっていた颯太が逮捕されたというニュースが流れる。かつての仲間たちが集まってきたが、柴崎だけがいなかった……。

 面白いのは、16年後の颯太…

この記事は有料会員記事です。残り760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら