Vチューバーと「キター」 無観客五輪をバーチャル観戦

有料会員記事

遠藤隆史山本亮介
[PR]

 東京オリンピック(五輪)をみんなで一緒に応援したい。でも無観客開催だし、パブリックビューイングもないし、何よりこのコロナ禍だし。気持ちの行き場を失った人たちが、巣ごもり生活での体験を生かして「バーチャル観戦」を楽しんでいる。

 サッカー男子の日本がニュージーランドにPK戦の末に勝利した7月31日夜。ユーチューブのあるチャンネルでは、おっとりしたアニメ声が流れていた。

 「準決勝進出! 本当に勝って良かった~」

 「PK戦、みんな落ち着いてたよね。ばんざ~い」

 声の主は「アニメ大好きな12歳」を名乗る《光(ひかり)りりあ》。体を揺らしたり手を振り上げたりする。2年半前から活動するCGキャラクター、いわゆる「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」だ。

 参加者は、テレビ中継の映像を見ながら《りりあ》の実況を聞き、プレーの感想を書きあうなどして盛り上がる。この日の視聴者は最大で90人ほど。PK戦で4人目の吉田麻也選手が落ち着いてゴールを決めて勝利をつかむと、「キターーー!」「ベスト4!」などのコメントが乱れ飛んだ。

 運営するのは、関東地方に住…

この記事は有料会員記事です。残り1127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。