国予算の繰越金、過去最大30兆円 コロナ対策使い残し

榊原謙
[PR]

 財務省は30日、2020年度の国の一般会計予算のうち、2割弱の30兆7804億円が年度内に使い切れず、21年度に繰り越したと発表した。繰越額は例年を大きく上回り、過去最大。3回の補正予算で計上した巨額の新型コロナウイルス対策で多額の使い残しが生じたのが主な原因だ。

 繰越金の内訳をみると、コロナ禍で打撃を受けた企業向けの実質無利子・無担保融資の6・4兆円が最大だった。融資先の破綻(はたん)などに伴う損失に備えた資金だった。休業要請に応じた飲食店などへの協力金に充てる地方向けの臨時交付金は、給付が追いつかず、3・3兆円が残った。

 このほか、昨年末に全国一斉停止したままの観光支援策「Go To トラベル」は2・7兆円の予算の半分程度の1・3兆円を繰り越し、公共事業費も人手不足などで4・6兆円が使い切れなかった。

 これまでの繰越額の最大は東日本大震災後の12年度の7・6兆円。最近は5兆~6兆円台だ。20年度は、コロナ対策で3回も補正予算を組み、予算額が前年度の約1・7倍に上る過去最大の175・6兆円という異例の規模に膨らんでいた。(榊原謙)