伊藤万理華はハダシで走る!(小原篤のアニマゲ丼)

有料会員記事

写真・図版
「サマーフィルムにのって」の主人公ハダシ(右、伊藤万理華)と親友のビート板(中央、河合優実)、ブルーハワイ(祷キララ) (C)2021「サマーフィルムにのって」製作委員会
[PR]

 「撮影中は『前を向いてとにかくハダシで走ろう!』と無我夢中でした。今は、映画のプロモーションを全力で頑張らなきゃ。こんだけ『サマーフィルムにのって』のことしか考えてないのにこれで伝わらなかったら、私どうしたらいいんだろ?」

 元「乃木坂46」の伊藤万理華さんが時代劇映画を撮る「勝新オタク」の女子高校生監督ハダシを演じた「サマーフィルムにのって」(8月6日公開)は、この夏最高の傑作です。伊藤さんへのインタビューで飛び出した「ハダシで走る」というフレーズは絶妙で、「好きなことにがむしゃらなハダシ」「そのハダシになりきった伊藤さん」「この映画を率直に熱く語る伊藤さん」すべてを表すものです。

写真・図版
「もの作りが好きなのは私もハダシと一緒です」と話す伊藤万理華さん=植田真紗美撮影

 「好きだ!」「好きよ!」しかセリフがない恋愛ものばかり撮る映画部でくすぶるハダシ(←あだ名じゃなく本当の名前)は、河川敷の秘密基地で親友の「ビート板」と「ブルーハワイ」(←こっちはあだ名)を相手に、座頭市=勝新太郎への愛を熱く語る。自身の脚本「武士の青春」の映画化を夢見るが理想の主演俳優がいない。そこに現れたのが愁いを帯びた美青年・凛太郎(りんたろう)。「私の映画に出て!」「ハダシ監督の映画に出ることは絶対出来ません!」。強引に撮影に引き込み、ハダシは凛太郎にひかれていくが、彼にはタイムトラベラーという秘密があった――。

 「時をかける少女」ですね…

この記事は有料会員記事です。残り1823文字有料会員になると続きをお読みいただけます。