「夢に見たのに」 五輪迎えた国旗メーカーの嘆き

有料会員記事

藤野隆晃
[PR]

 コロナ禍の五輪になったことを悲しむのは選手だけではない。都内にある国旗メーカーの老舗もその一つ。無人の客席と在庫の山に心を痛める一方で、旗屋として揺るがない気持ちもあるという。藤野隆晃

 15人が働く群馬県沼田市のある工場では1年半前まで、国旗を作るミシンの音が鳴り続けていた。

 国旗メーカー「東京製旗」。東京オリンピック(五輪)での需要をあてこんで、各国の国旗や手旗など約30万枚を作った。例年なら3年分にあたる。

 しかし水の泡になった。

 五輪は無観客開催となった。行き場を失った旗は段ボールにしまわれたまま、工場倉庫や都内の営業所に2メートルほどの高さに積み上げられている。4代目社長の小林達夫さん(64)は「スタジアムでうちの旗が振られている。そんな場面を夢に見ていた。すごく残念」と悲しむ。

写真・図版
1937年に創業した当時の東京製旗=同社提供

 創業は1937年。40年の「紀元2600年」を祝う行事や軍部の伸長などで、日の丸需要が高まっていた。ただ、45年の東京大空襲で工場や自宅は全焼。日の丸掲揚を許可制にする連合国軍総司令部(GHQ)の制限が49年に解除されると、事業を再開した。51年のサンフランシスコ講和条約、59年の皇太子ご成婚などイベントが続いた。

写真・図版
1950年代の東京製旗。天日干しで日の丸を乾燥させた=同社提供

東京五輪で注文殺到

 中でも大きかったのが、64…

この記事は有料会員記事です。残り689文字有料会員になると続きをお読みいただけます。