「円谷さんの忍耐学びたい」福島出身、陸上1万・相沢晃が背負うもの

有料会員記事陸上

堀川貴弘
[PR]

 東京オリンピック(五輪)陸上男子1万メートルに出場する相沢晃(24)=旭化成=は福島県須賀川市出身だ。同市出身のランナーと言えば、前回の東京五輪のマラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉さん。相沢は「円谷」と「復興」の二つを背負って走る。

 相沢は須賀川市に2011年に誕生した「円谷ランナーズ」の初期メンバー。「第2の円谷をめざせ」と小、中学生を対象にしたランニングクラブだ。

 同クラブでは正月の「走り初め」の日に円谷さんが眠る十念寺をお参りをしていて、もちろん相沢も参加した。

 同市には円谷さんの遺書や遺品を展示した円谷幸吉メモリアルホールや円谷メモリアルマラソンと故人にちなんだ施設、イベントがある。相沢も少年時代から偉大なランナーを意識して育ったという。

 「円谷さんの忍耐を学びたい…

この記事は有料会員記事です。残り603文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら