沖縄県の新規感染者数、過去2番目の382人 死亡1人

光墨祥吾
[PR]

 沖縄県は30日、新たに382人が新型コロナウイルスに感染し、90代の男性1人が亡くなったと発表した。1日あたりの新規感染者数としては前日の29日の392人に次いで過去2番目に多く、300人を超えたのは4日連続。県内の累計感染者は延べ2万4329人となり、関連する死者は236人となった。

 県のまとめによると、病床占有率は71・0%。直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者は110・84人で、東京に次いで全国2番目に多かった。

 在沖米軍からは、キャンプ・ハンセン金武町など)で3人など計7人の感染が確認されたと県に報告があった。県のまとめでは、在沖米軍関連の感染者は計1635人。(光墨祥吾)